頸部の筋肉

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数282
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    頸部の筋肉
    ●浅頸筋:浅頸筋は頸部の筋肉のうち、表層にある筋肉の総称。筋肉の一方が皮膚で停止している皮筋である。浅頸筋は、一般には広頸筋、胸鎖乳突筋が分類される。しかし、広義の浅頸筋と呼ぶ場合、舌骨筋群を総じて指す場合がある。

    ▲舌骨上筋群:舌骨上筋は頸部の筋肉で、舌骨に繋がる筋肉である舌骨筋のうち、舌骨を挟み上方に存在する筋肉の総称である。
    舌骨上筋には顎二腹筋、茎突舌骨筋、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋が含まれる

    ○顎ニ腹筋
    顎ニ腹筋は、頸部の浅層にある4つある舌骨上筋群の一つになる。
    前腹と後腹から構成され、その間には腱(中間腱)が存在する。また、中間腱は線維性の滑車によって舌骨に固定されている。
    ・起始:前腹-二腹筋窩 下腹-側頭骨の乳突切痕
    ・停止:中間腱を介して舌骨の上部に停止
    ・神経:前腹-三叉神経第三枝の顎舌骨筋神経 後腹-顔面神経の顎ニ腹筋枝
    ・作用:舌骨を引き上げ、また舌骨を固定するときは下顎骨下顎骨を下方に引き咀嚼を助ける。

    ○茎突舌骨筋
    茎突舌骨筋は、頚部の浅層にある4つある舌骨上筋群の一つになる。
    ・起始:側頭骨の茎状突起上外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。