脊椎説明文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数189
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    作業療法士を目指してます。骨格の部位の名称を覚える為にこのテキストデーターを携帯に入れて時間が有る時に手軽に見ています。同じような学生さんがいましたら役に立ててください

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ●頸椎 けいつい(cervical vertebra):C1〜C7
    1.第1頸椎(環椎)
    ○椎体:第1頸椎には椎体がないことが特徴です。
    ○外側塊:左右両側にあります。
    ○前弓:両外側塊の後面から弓状に出ています。
    ○後弓:両外側塊の後面から弓状に出ています。
    ○椎孔:椎体と椎弓の間にできる輪状の孔です。
    ○前結節:前弓の前方に突出した部分です。
    ○後結節:後弓の後方に出た、小さな高まりです。
    ○歯突起窩:前弓の後面中央にある、第2頸椎歯突起との関節面です。
    ○横突起:外側塊から側方に向かって出ています。
    ○横突孔:横突起の根元にあいています。椎骨動・静脈が通ります。
    ○上関節窩:外側塊の上面にあり、後頭骨と関節しています。
    ○下関節窩:外側塊の下面にあり、第2頸椎の上関節面と関節します。
    ○椎骨動脈溝:後弓と外側塊の連結部分あたりの上面には椎骨動脈が通る環椎にしかない
    ○椎間円板:1つ1つの椎骨どうしの間にはさまっていて、クッションの働きをする円板状の構造。軟骨などからできている

    2.第2頸椎(軸椎)
    ○椎体:椎骨の前方下面にあって、横長の楕円状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。