前腕部説明文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数133
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    作業療法士を目指してます。骨格の部位の名称を覚える為にこのテキストデーターを携帯に入れて時間が有る時に手軽に見ています。同じような学生さんがいましたら役に立ててください

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ●尺骨(ulna):前腕内側(小指側)の骨
    1.上端
    ○滑車切痕:深い切れ込みで、上腕骨滑車と関節します。
    ○肘頭:滑車切痕の後上方への突出部分です。先端は前方へ曲がります。
    ○鉤状突起:滑車切痕の下部から前方に突出した部分です。
    ○尺骨粗面:鉤状突起の前内側の下方にある粗面で、上腕筋が停止します。
    ○橈骨切痕:鉤状突起の外側のくぼみで、橈骨の関節環状面と関節します。
    ○回外筋稜:橈骨切痕後縁から下方へ向かう稜線で、回外筋の起始です。

    2.尺骨体
    ○骨間縁:尺骨体の外側縁で、橈骨骨間縁との間に前腕骨間膜を張ります。

    3.下端(尺骨頭)
    ○尺骨頭:尺骨の下端です。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。