上腕説明文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数155
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    作業療法士を目指してます。骨格の部位の名称を覚える為にこのテキストデーターを携帯に入れて時間が有る時に手軽に見ています。同じような学生さんがいましたら役に立ててください

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    -上腕-

    ●上腕骨 (humerus)
    1.上端
    ○上腕骨頭:上内側方にある、半球状の部分です。肩甲骨関節窩と関節します。
    ○解剖頸:上腕骨頭の周囲で、浅い溝がとりまく細い部分です。
    ○大結節:上腕骨頭のすぐ外側にある大きな隆起です。
    ○大結節稜:大結節の下方への延長部分で、表面が粗な骨稜です。
    ○小結節:大結節の内側前方にある隆起です。
    ○小結節稜:小結節の下方へのびる、表面が粗な骨稜です。
    ○外科頸:大結節、小結節の下方のくびれで、上端部で最も骨折しやすい部分です。
    ○結節間溝:大結節と小結節、大結節稜と小結節稜との間の溝です。

    2.上腕骨体
    ○三角筋粗面:..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。