相談援助の理論と方法 ミクロ・メゾ・マクロソーシャルワーク

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,869
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークは、人と環境とが相互に作用する場面に焦点をあてて支援するものである。
     ソーシャルワークを展開させていくことで、個人、家族、組織、地域社会といったクライエント・システムの複雑多岐にわたる社会生活ニーズに対して、適切な社会資源を結びつけたり、社会資源を開発したり、クライエント自身の能力を高めることによって、人々の社会生活問題を解決することになる。
     ソーシャルワークは人と環境との相互関連性から①人と環境を調整する機能②人の対処能力を強化する機能③環境を修正・開発する機能の3つの機能があるとし、ソーシャルワーカーは、この機能を遂行するために、さまざまな役割を果たさなければならない。
     ソーシャルワーカーの役割は時代とともに変化してきた。個人が援助の中心であった時代から、小集団、組織や地域社会への支援も包摂している現状では、ソーシャルワーカーの役割も拡大してきたといえる。(引用1) 
    1976年に英国ソーシャルワーカー協会が刊行した「ソーシャルワークの課業-ソーシャルワーカーの役割とは何か」では、ソーシャルワーカーには20の役割があることが示された。
    現状では、地域社会への働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。