地域福祉の理論と方法 地域コミュニティー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数906
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    復興と地域福祉の関係性

    B判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     コミュニティとは「共同体」を意味する言葉である。
    このコミュニティの定義については、多くの研究がなされてきたが、その概念には、さまざまな意味が含められ、研究者の数だけコミュニティに対する定義が存在するといわれるほどである。
     スコットランド出身でアメリカの社会学者、マッキ-ヴァ-は、コミュニティについて、社会の発展と共に拡大する集団、同じ場所に住み、同じ社会的特徴を有し、一定レベルの生活を自足することができる集団。自然発生的であるとしている。
     また、ヒラリーは、1955年にコミュニティの定義として、94通りの定義例があったとし「地域性」と「共同性」がコミュニティの最低限の共通項だといっている。
     ヒラリーもマッキーヴァーと同じく「地域性」をあげ、それに、ヒラリーのいう「共通の絆」と「社会相互作用」は、マッキーヴァーの「地域社会感情」にあたるものである。
     一方で、ウェルマンは、ヒラリーとは違う3つのコミュニティ論が存在することを明記した。
     一つ目が「コミュニティ喪失論」二つ目が「コミュニティ存続論」で、この二つのコミュニティ論に対して、ウェルマンは「コミュニティ開放論」を提唱した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。