福祉サービス組織と経営論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数742
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    組織の在り方と社会福祉士の役割

    C判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉サービスとは、社会福祉を目的とする事業をいい、福祉サービスが提供される場は、社会市場と呼ばれている。これは、一般の市場と違い競争が制限されている。
    社会福祉が措置制度のもとで行われてきた時代では、競争そのものが行われない仕組みで、サービスの内容だけでなく、体制やプロセスについても行政が深く関与し、サービス提供主体側の経営管理を阻害してきた。しかし、少子高齢社会などによる福祉ニーズの増加により、民間企業の参入などで経営管理が必要とされるようになった。しかし、福祉サービスは制度の中で定義されており、行政の果たす役割はまだまだ大きい。サービスを提供する主体が、利用者に最大の価値を提供できる経営を行うには、社会福祉援助を理解し、倫理を身につけ、経営管理を理解していることが、よいサービスを生み出すことができるのである。
    組織の経営を管理していく上で重要なのが戦略である。戦略とは、長期的な視野で目標を達成することであり、経営学に戦略の概念を導入したのはチャンドラーといわれている。彼は「組織構造は戦略に従うとし、企業が環境変化に柔軟に適応するために、新しい戦略を策定する必要がある」と考えた。アン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。