高齢者に対する支援と介護保険制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数374
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    高齢者への支援方法

    B判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の定義は、時代や社会によって異なる。老化は極めて個別的なプロセスであり、定義づけることは難しい。しかし、加齢に伴い、身体的、精神的機能は低下し、また、定年退職や子供の独立など、社会的役割の変化を生じる時期である。よりよい援助を考えるうえで、高齢者の特性を理解することは重要である。 
    身体機能の変化として、高齢者は加齢に伴い恒常性を維持する機能が低下する。また、身体機能も生理的に老化する。
    外見の変化としては、体重減少があげられる。これは、筋肉量の低下や骨量・水分量の低下によるもので、骨折や脱水をおこしやすいことを意味している。内面の変化としては、換気機能の低下や老
    視があり、咀嚼機能の低下による誤嚥もおこしやすい。また、肝機能や腎機能も低下することから、薬剤の副作用発現の危険性も高める。高齢者は複数の疾患を抱え、たくさんの薬剤を服用していることも多いので、過剰投与にも気をつけなければならない。皮膚感覚も低下するので低温やけどなどにも注意が必要である。こういった身体器官の生理的老化は、避けて通れないものであり、高齢者自身が気をつけられるよう理解を促したり、関わる人が理解していること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。