障害者に対する支援と障害者自立支援制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数356
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    障碍者福祉に関する法律

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者基本法は、心身障害者基本法から、障害者全体を対象とし総合的な施策の発展を目指して、1993年に改正された。
    2004年の改正では、障害者基本計画の策定義務を、都道府県と市町村にも義務づけ、また12月3日から12月9日までを「障害者週間」と定めた。
    2011年の改正では、「すべての障害者」という対象で掲げられていた理念から「すべての国民が障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重される」(引用1)という理念へ改正、共生社会の実現という大きな基本理念が掲げられた。この改正により、地域社会における共生等が新たに規定され、各項目の内容も、インクリュージョンや地域社会における共生の考え方が反映される内容へと変更されているものが多い。
     身体障害者福祉法は、1950年に施行された時は、職業的な厚生を主な目的としていたが、改正を繰り返し「自立と社会経済活動への参加を促進する」観点へ移行し、必要に応じて保護を行い、身体障害者の福祉の増進を図ることを目的としている。18歳以上で、都道府県知事から、身体障害者福祉手帳の交付を受けた者が対象。また、都道府県は、身体障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。