相談援助演習 面接技法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,135
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    相談援助における面接技法

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助を行ううえで、面接は不可欠なものである。相談は、そのほとんどが、クライエントやその家族、友人などクライエントとかかわる人たちからであり、その相談目的は、問題解決に向けてである。
     ソーシャルワーカーは、問題解決に向けた援助を考え展開していくうえで、クライエントが抱える問題を知り、クライエントが目指すものについて知らなければ、よりよい援助ができないのである。
     面接を行うにあたって、ソーシャルワーカーは「何のための面接か」という目的を常に意識して、最も効果的な技法を用いて面接に当たらなければならない。また、バイステックの7原則を基本姿勢とすることも重要である。
     面接がスムーズに展開されるためには、まず、アクションシステムの形成を意識することが重要である。そのためには、信頼関係を築かなければならない。ワーカーとクライエントの中に、良好な関係が成り立つことで、よりよい支援が可能となる。初回面接時はとくに重要で、クライエントは、個人の抱えている問題、不安に加え、援助者に対して「どんな人だろう」「自分を理解してくれるのか」などたくさんの不安を持っている。援助者は、誠実な態度を示すととも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。