保険医療サービス 医療ソーシャルワーカー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数365
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    多職種連携の中のMSWの役割 ソーシャルアクション

    A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療ソーシャルワーカーは、病院などの医療機関に勤務するソーシャルワーカーで、援助の対象者は、傷病や何らかの健康上の問題を抱えている人である。傷病により、心理面・経済面・社会生活上の問題が生じるが、医療機関は病気の治療が第一の目的であるため、医療ソーシャルワーカーは、医療専門職と連携・協働しながら、心理社会面の解決を図っていかなくてはならない。例えば、医療費などの経済面の問題は、医療機関だけでは対応できないので、外部資源の動員、他機関との連携も必要になる。
     近年、医療政策の変更により、平均在院日数の短縮や医療ニーズを持つ人々を病院外の支援につなげる必要性が増している。患者や家族は、病状を受け止め、今後のことを考える時間的余裕のない状況であり、医療ソーシャルワーカーは、安心して退院し、退院後の生活が安定できるよう入院早期、もしくは入院前から各専門職がかかわれるような環境を作ることが重要となっている。何らかの問題を抱えたままの退院は、精神的に不安定になりやすく、また、医療ニーズも抱えているので、退院後は、施設や地域に任せるというのではなく、再び病院に戻るということも考慮して、シームレスな連..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。