相談援助演習 エンパワメントアプローチ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数997
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エンパワメントとは「個人が自分自身の力で問題や課題を解決していくことができる社会的技術や能力を獲得すること」(引用1)とある。
     エンパワメントアプローチは、1960年代、アメリカにおける公民運動等が源流となって体系化され、1976年、ソロモン・Bが「黒人のエンパワメント-抑圧された地域社会におけるソーシャルワーク」を著し、注目を浴びるようになったアプローチ法である。
     ソーシャルワークの場面では、高齢や障害、貧困などによって、差別や偏見などの否定的な環境におかれ、社会的弱者としてパワーレスな状態におかれている人々に対し、クライエント主体として、クライエントが自らのおかれている否定的な抑圧状態を認識し、自らの能力に気付き、その能力を高め、問題に対処できるようクライエントとワーカーとのパートナーシップを通して、クライエントのパワーを増強し、問題解決に向けてクライエント自身がエンパワメントしていくことを目標とした援助方法である。そして、このような、自らの状況に気付き、自らが問題解決できるようなミクロの部分だけでなく、抑圧状況をつくり出している社会構造を改善したり、転換したりするマクロな部分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。