社会調査の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数416
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    社会福祉士に求められている社会調査について

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査」とは、国(政府)地方自治体、営利法人(企業)非営利法人(学校・医療・福祉など)個人(研究者・ジャーナリスト・市民など)やその集まり、そして、それらいずれかの組み合わせなどが調査主体となって、調査対象にまつわる諸課題の理解、対応策の立案などを目的として、その時々に、あるいは繰り返して行う調査対象の実態把握についての試みを指す。(引用1)
    福祉政策を考える時にも必要不可欠なものであり、社会調査によって問題を分析し、客観的データを示すことが政策課題を設定する上でも欠かせないものである。
    実際に、歴史的背景からみても、かつて貧困問題は、怠けや浪費などといった個人の問題としてとらえられていたが、社会調査により、労働環境など社会的要因に大きく影響されていることを見出し、それに対応する政策がとられるようになったのである。
    社会学のなかでも社会学を学んだというために、最小限身につけておくべきこととして、社会学的想像力と社会調査法があげられている。
    社会学的想像力をもってソーシャルワークの現場に臨むことで、一般には、個人的な問題と思われがちな事例(たとえば最近よく耳にする引きこもりやニート・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。