相談援助の理論と方法 スーパービジョンについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数647
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    スーパービジョンの意義と目的

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する課程である。(引用1)すなわち、スーパーバイザー(経験豊富な実践者)から、スーパーバイジー(経験の浅いワーカー)に対して行われる援助技術のことである。
    スーパービジョンを構成する要素は、ワーカーとクライエントの援助関係を構成する要素と似ている。スーパービジョン関係はワーカーとクライエントの専門的援助関係を通して行われるのと同じように行われるのである。
    ワーカーがクライエントとよい援助関係を形成するためには、ワーカーがスーパーバイザーとのよいスーパービジョン関係を体験することが重要になる。パラレルプロセスの現象から生じることからみても、スーパービジョン関係は援助関係のモデルになるので大切である。
    また、スーパービジョン関係を通して、両者は相互に作用し、お互い成長する。一方的に指示したり助言したりするべきものではない。
    スーパービジョンの必要性が強調されてきたのは2000年にはいってからである。社会福祉基礎改革により、従来の措置制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。