社会保障論 社会保険制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数282
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士学科通信課程レポート課題

    社会保険制度の現状と課題

    A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保険と民間保険は、人々の生活の安定という制度のみが共通している。社会保険は強制加入で、社会全体でリスクを分散し、最低生活を保障しようとするもので、その財源は、保険料、国庫負担に加え医療保険等で被保険者が払う一部負担金である。
     民間保険は任意加入で、主に、生活に比較的余裕のある人々が、自分たちの利害を保全するためにリスクに対する防御としてつくりあげたものである。
     社会保険は、社会保障制度に分類されている中の1つで、年金・医療・介護・雇用・労災の5つがその体系である。
     医療保険は、健康保険・各種共済組合・国民健康保険・後期高齢者医療制度・船員保険とあり、国民皆保険制度の一環として位置づけられている公的医療保険制度である。
     健康保険と共済組合の保険料は、給与をベースに毎月天引きされ、事業主も同等額負担しているが、国民健康保険は、世帯主から税方式を採用して徴収しているところが多い。また、75歳以上の高齢者は、後期高齢者医療制度といい独立して設置されている。
     医療保険は、労働者の業務外での病気や怪我などの治療費に対応し、現物給付である。傷病手当や出産一時金などは現金給付となる。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。