エビデンスのある看護・処置講義資料(気管吸引)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数1,052
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    吸引エビデンス研修資料です。

    気管吸引目的
    気管吸引の適応
    気管吸引に伴う危険性 と対策
    気管吸引でとれる痰の位置
    排痰援助のエビデンス
    感染管理
    吸引に関するエビデンス
    排痰のアルゴリズム
    吸引が必要なタイミング
    気管吸引手順

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     研修
    目的:エビデンスに基づく看護・処置
      を知る事ができ、実践できる
    エビデンスに基づく看護・処置
    症例検討
    85歳 男性 既往:高血圧 喘息 心不全
    脳幹出血、にて呼吸停止、気管挿管後病棟にて保存療法
    意識レベル GCS=1-T-4  MMT=四肢1~2/5
    7日後人工呼吸器関連肺炎併発(MRSA) 気道分泌物多い
    呼吸器モード SIMV/VC+PS FiO2=50%
    右へ体位変換後SPO2=100→90%へ低下 気道内圧20→30上昇
    血圧=180/60mmHg 脈拍=120回/分 呼吸回数=20回/分
    人工呼吸器回路問題なし・人工鼻詰まりなし
    何が起こっている可能性が高く、どうする?
    症例検討 ベストプラクティス
    体位を戻す(右側臥位→背臥位)
    患者状態の確認・評価(呼吸・循環動態)
    SPO2が正確かどうか波形・装着状況の確認
    気道内圧上昇→既往喘息あり、喘息発作?無気肺?の判別
    聴診・人工呼吸器波形・ETCO2あれば波形の確認
    副雑音(ウィーズ)聴取・呼吸器波形呼気時間延長     ETCO2波形右上がり→喘息発作の可能性あり→吸引は×    →医師へ報告→気管支拡張..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。