756【初等理科教育法】 2単位目 合格レポート 明星大学通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数363
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【明星大学通信教育学部】
    初等理科教育法 1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    ○課題
    1. 「たのしい科学の授業の成立条件」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
    2. 「たのしい理科の授業」であるために、授業を進める際に<気をつけなければならないこと><大切にしなければならないこと>はどういうことだろうか。テキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。

    『未来の科学教育』 板倉聖宣(仮説社) 2011年度~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学通信教育学部】
    初等理科教育法 2単位目 合格レポート
    ○課題
    1. 「たのしい科学の授業の成立条件」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
    2. 「たのしい理科の授業」であるために、授業を進める際に<気をつけなければならないこと><大切にしなければならないこと>はどういうことだろうか。テキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
    ----------------------------------------------------------------------------------------
    (1) 科学や理科と聞くと、どうしても「難しそう」「嫌だ」というマイナスイメージをもつ児童が多い。しかし、それは本格的な科学の授業に出会っていなかっただけなのである。私はこのテキストを読んで、「科学とは本当はこんなに楽しく学べるんだ」ということに気付かされた。では、児童がたのしく学べる科学の授業とはどうゆうものか、テキストから学んだことをもとに私見を述べていく。
     たのしい科学の授業をとは、ずばり「仮説実験授業」である。仮説実験授業とは、問題に対して予想を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。