759【初等生活科教育法】 1単位目 合格レポート 明星大学通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数421
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【明星大学通信教育学部】
    初等生活科教育法 1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    ○課題
    1. 生活科の指導計画作成中の留意点を述べよ。
    2. 第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。

    『平成20 年学習指導要領対応 生活科の授業づくりと評価』高浦勝義・佐々井利夫共著(黎明書房)2011 年度~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学通信教育学部】初等生活科教育法 1単位目 合格レポート○課題1. 生活科の指導計画作成中の留意点を述べよ。2. 第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。
    ----------------------------------------------------------------------------------------
    (1) 生活科教育では、主に活動や体験を通して指導をしていくことが大切である。低学年の児童は思考と活動、思考と感情などの発達が未熟であるため、「画一的な教育活動」や「単なる活動するだけ」の教科にならないように、生活科のできた背景や趣旨を振り返り、教科としての基本的な性格を認識する必要がある。そして、生活科の教科目標である「・・・自立の基礎を養う」ことを念頭に置き、生活科の指導計画は作成されなければならない。では、この前提の上で指導計画作成上の留意点について考察していきたい。
    指導計画を作成するにあたっては、①学習活動のま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。