【初等教育実習指導】 1単位目 合格レポート 明星大学通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,903
ダウンロード数79
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【明星大学通信教育学部】
    初等教育実習指導 1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    ○課題
    1. 授業の開始直後に行う発問(主発問)の意義と留意点について、述べなさい。(1200字程度)
    2. 教育実習においては、児童との積極的な関わりが求められる。その意義について、実習生の立場と児童の立場の両面から、それぞれ述べなさい。(800字程度)

    『初等教育実習-小学校-』(明星大学出版部) 2012年度~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【明星大学通信教育学部】
    初等教育実習指導 1単位目 合格レポート
    ○課題
    1. 授業の開始直後に行う発問(主発問)の意義と留意点について、述べなさい。(1200字程度)
    2. 教育実習においては、児童との積極的な関わりが求められる。その意義について、実習生の立場と児童の立場の両面から、それぞれ述べなさい。(800字程度)
    ----------------------------------------------------------------------------------------
    (1)どうすれば現代の教育に求められる、生徒一人ひとりが主体的に学び、考え、活気あふれた授業ができるのだろうか。それを実現するにはまず、授業開始時の発問を工夫する必要がある。発問とは、生徒が主体的に教材に向き合うように、教師自らが用意する文言であり、本時のねらいの達成に向けて計画的に行う働きかけを指す。この発問の働きかけが、授業の流れや内容を決めるといっても過言ではなく、発問の良し悪しで授業が変わるといってもいいだろう。ここでは、授業に大きな影響を与える発問の意義と留意点について述べていく。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。