S0536 人権(同和)教育 科目最終試験過去問6題(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数420
ダウンロード数65
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0536 人権(同和)教育 科目最終試験の6題セット、合格済みです。

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    【設題】
    ○学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    ○人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    ○人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    ○部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    ○宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    ○50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536 人権(同和)教育 科目最終試験過去問6題
    ○学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    ○人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    ○人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    ○部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    ○宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    ○50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    <参考文献>
    同和教育実践:新たな人権教育の創造 佛教大学
    ○ 学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
     学校教育において行われた同和教育の実践について以下に述べる。
    ①抽出促進指導
     国語・数学・英語を中心に原学級から抽出して1~3人程度が別室でマンツーマンに近い形で一人一人の課題に応じた内容で学習を進め、最終的には原学級での学習に戻ることを目指した。こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。