S0528 道徳教育の研究 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数477
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0528 道徳教育の研究 科目最終試験の6題セット、合格済みです。

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    【設題】
    ○「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    ○道徳教育の意義について述べよ。
    ○第2次世界大戦以前の道徳教育について述べよ。
    ○第2次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。
    ○人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。
    ○欧米の道徳教育思想について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0528 道徳教育の研究 科目最終試験過去問6題
    ○「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    ○道徳教育の意義について述べよ。
    ○第2次世界大戦以前の道徳教育について述べよ。
    ○第2次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。
    ○人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。
    ○欧米の道徳教育思想について述べよ。
    <参考文献>
    田中圭治郎.2006.『道徳教育の基礎』佛教大学通信教育部
    ○「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    第15期中央教育審議会第一次答申において、道徳教育の目標に新たに「生きる力」を育成することという、新たな教育の目標が示された。この生きる力は「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の3つの能力から構成されており、それらが相互に作用しあって生きる力をより良いものにするのである。
    人間が「生きる」ということは、生物学的(身体的)「生命」、社会・文化的「生(活)」、宗教的・人格的・道徳的「いのち」の3つの次元の中で生きるということである。この3つの次元は相互に密接に作用して、その人の「一生」「生涯」とも言われる。したがって、生きる力も「生命」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。