Z1001日本国憲法 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数224
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験の6題セット、合格済みです。

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■設題
    ○報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    ○信教の自由と政教分離について論じなさい。
    ○校則と自己決定権について論じなさい。
    ○表現の自由の制限について論じなさい。
    ○法の下の男女平等について論じなさい。
    ○基本的人権の保障の限界について論じなさい。


    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法 科目最終試験6題
    ○報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    ○信教の自由と政教分離について論じなさい。
    ○校則と自己決定権について論じなさい。
    ○表現の自由の制限について論じなさい。
    ○法の下の男女平等について論じなさい。
    ○基本的人権の保障の限界について論じなさい。
    参考文献
    「新訂版 現代憲法入門」 一橋出版 植村勝慶
    ○報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    日々、人間関係が複雑化している現代社会において、一人ひとりのプライバシーが重視され尊重されてきている。一方で憲法第21条の表現の自由・言論の自由より、報道の自由が認められている。これは、テレビや雑誌・新聞、ラジオなどによって、情報を自由に表現することを認めたものである。
    この報道の自由には、情報の発信者が自由に情報を表現するだけでなく、情報の受信者側にも様々な情報を知る権利が保証されている。そのため。情報の発信者であるマスメディアは、受信者が望む情報を報道するために取材活動を行うことになる。取材活動は報道をするために行われるため、報道の自由に守られたものであるといえる。この取材..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。