S0101 教育原論(第一設題) レポートA評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数65
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートA評価、合格済みです。

    教科書を中心にまとめており、自分の考えは少なくしています。

    レポート作成の参考にして下さい。

    ■設題
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーは貧困に対する救済を目的に教育を行い、また家庭教育が子どもの道徳的・宗教的な教育の基礎に重要な影響を与えると考えた人物である。これらはペスタロッチーの祖父が貧しい人々を救済するために働いていたことや、幼き頃に父を亡くし、その後母親からの手厚い教育によって育てられたことにより大変影響を与えられたものと考えられる。
    また教育に対しての考えについてはルソーと同様に、子どもには将来発展する素質がもともと備わっており、この素質が子どもの内から発展するように助成するべきと考えた。さらに教育には近代教授学の基礎ともなっている、具体的・感覚的次元から子供の教育をスタートさせようとする感覚的所与を重視した人物である。
    これらペスタロッチーの生涯を通して、彼が確立した「直観教授」とは何か、教育を受ける子どもたちにどのような働きをするのかをまとめ、考察する。
     ペスタロッチーは祖父の影響よりすべての人間は生まれながらに平等であると主張し、子どもを貧困から救済することを目的とした。そして貧しい子どもに教育を行うことが、貧困の源泉をせきと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。