S0106 教育社会学(第一設題&第二設題) レポートA評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数177
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートA評価、合格済みです。
    (第一設題と第二設題のセット販売です)

    教科書を中心にまとめており、自分の考えは少なくしています。

    レポート作成の参考にして下さい。

    ■第一設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    ■第二設題
    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     まず学歴社会とは、「社会における社会的、職業的地位などの配分の基準として、学歴が重きを占める社会」である。ここでの社会的地位とは、職業的地位と同じ意味も持っているが、より広義的な文化的地位なども含む。
    この学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会のことをいう。日本はアメリカ合衆国、カナダなどとならび、数少ない高学歴社会の一つとなっている。このように、学歴社会と高学歴社会とは異なった意味となっており、「低学歴社会だが学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうる。
    上記で述べた学歴社会であるが、様々な批判も存在する。先ほど述べた通り、学歴社会とは社会的、職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会である。この批判には、入学試験や学校教育のありかたに対する批判、学歴差別に対する批判、教育制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。