Z1002 スポーツ論入門 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数281
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験の6題セット、合格済みです。

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    ■設題
    ①人の動作がなされたときの協同筋と拮抗筋との係り合いについて記述しなさい。
    ②運動にともなう人体の酸素負債と、その消費とについて記述しなさい。
    ③ウエイト・トレーニングについて、その目的、方法を記述しなさい。
    ④心臓・瞳孔・胃腸壁に対する交感神経、副交感神経の働きについて記述しなさい。
    ⑤球関節の形状と働き、その代表例の関節名を記述しなさい。
    ⑥水質汚染の指標の一つである、BODについて記述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人の動作がなされたときの協同筋と拮抗筋との係り合いについて記述しなさい。
    ②運動にともなう人体の酸素負債と、その消費とについて記述しなさい。
    ③ウエイト・トレーニングについて、その目的、方法を記述しなさい。
    ④心臓・瞳孔・胃腸壁に対する交感神経、副交感神経の働きについて記述しなさい。
    ⑤球関節の形状と働き、その代表例の関節名を記述しなさい。
    ⑥水質汚染の指標の一つである、BODについて記述しなさい。
    ①人の動作がなされたときの協同筋と拮抗筋との係り合いについて記述しなさい。
     一般的に、ある一方の方向への運動はいくつかの主動筋とそれに合わせて協力的に働く協同筋とでおこなわれるが、一つの関節である一方の動きと反対方向への運動にも働くいくつかの筋が必ず存在し対応している。これらの筋を協同筋に対して拮抗筋と呼ぶ。たとえば肘を曲げるためにいくつかの協同筋を使うことになるが、これに対して肘を伸ばすための筋が拮抗筋である。また肘を伸ばす動作で考えれば、伸ばすために使用する筋が協同筋であるのに対し、曲げるための筋が拮抗筋なのである。このようにどの関節においても、関節を隔てて一方の方向へ動かすいくつか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。