S0527学校教育課程論 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数437
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0527 学校教育課程論 科目最終試験過去問6題
    ○新学習指導要領が改訂される背景として「学力の低下」をめぐる論争が考えられる。「学力とは何か」について論じなさい。
    ○新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫が要るだろうか。具体的に論じなさい。
    ○現行の学習指導要領で定められた「総合的な学習の時間」のねらいはどんなところにあるのか。論述しなさい。
    ○学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習指導要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。
    ○学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領(2011年施行)について各々論ぜよ。
    ○学習指導要領の法的拘束力の有無について論じなさい。
    以上の6題について、ほぼ教科書の内容を上記の文字数でまとめてあります。
    参考までにどうぞ。
    ○新学習指導要領に対して、「学力の低下」が議論されている。「学力とは何か」について論じなさい。
     学習指導要領の改訂にあたって教育課程審議会は、「学力」観の転換を訴え、学力を単なる知識量の量で捉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。