S0527 学校教育課程論 レポートA評価(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数365
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0527 学校教育課程論 レポートA評価、合格済みです。

    教科書を中心にまとめており、自分の考えは少なくしています。

    【設題】
    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     教育課程の概念は一般に、「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と解されている。ここで、各学校が教育課程を編成する場合に、前提とするべき原則的事項がある。まず一つ目に、学校教育の目的や目標を示している「教育基本法」及び「学校教育法」、学校の設置や組織、運営、教育課程の編成・標準(授業時数)などの学校運営を規定する「学校教育法施行規則」、教育課程の基準(目標や内容)に関わる法的根拠である「学習指導要領」の示すところに従うことである。二つ目は、ゆとりの中で特色ある教育を展開し、生徒に豊かな人間性や基礎・基本を身に付け、個性を生かし、自ら学び自ら考えるなどの「生きる力」を培うことをねらいとする、生徒の人間としての調和のとれた育成を目指すことである。三つ目は、誰もが安心して精一杯学べる学校づくりや、自ら学ぶ意欲を高めるための工夫などの地域や学校の実態を考慮することである。四つ目は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。