S0104教育方法学 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数785
ダウンロード数138
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年2月28日更新

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.課題習得型学習と課題発見・解決型学習を定義し、それぞれの違いと学校のカリキュラムとの関係を具体的に説明しなさい。
    2.「国際数学・理科教育動向調査TIMSS」と「生徒の学習到達度調査PISA」で評価されている学力の違いを説明し、そこからわかる日本の子どもたちの学力の状況や課題と、新学習指導要領で求められている能力との関係を説明しなさい。
    3.目標準拠評価の定義および長所と短所(留意点を含む)を説明し、そこで重要と考えられているポートフォリオ評価とパフォーマンス評価についてその内容を説明しなさい。
    4.教えることを中心とした指導形態、および学ぶことを中心とした学習形態を
    それぞれ3つ挙げ、その内容を説明しなさい。
    5.変動社会において主体的な学習能力が求められている理由を述べなさい。また、その能力を学校教育で育成するにあたって工夫すべき教育方法を説明しなさい。
    6.学習意欲が「確かな学力」としても非常に重要視されている。ARCSモデルを基に、学習意欲に影響を及ぼす4つの要因を、それぞれに具体的な事例を1つ以上挙げて説明しなさい。
    1.課題習得型学習と課題発見・解決型学習を定義し、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。