S0539 道徳教育の研究(中) 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数351
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.国際理解教育と郷土愛の道徳的意味について述べよ。
    2.人間にとって自律的な生き方とは何かについて述べよ。
    3.家庭における道徳教育の役割について述べよ。
    4.学校における道徳教育の役割について述べよ。
    5.教育基本法の改正によって、道徳教育はいかに変化したかについて述べよ。
    6.地域社会における道徳教育の役割について述べよ。
    参考文献:「道徳教育の基礎」 田中圭治郎 編著
    1.国際理解教育と郷土愛の道徳的意味について述べよ。
    これからの未来を生きることの出来る日本人を育成するという点から、新たな時代の教育基本法が示されることとなった。この改正教育基本法において目的とされたものが、「人格の完成」を目指したことである。そして、この「人格」の基盤となるものが道徳性であり、道徳性を発展させるものが道徳教育である。教育基本法第2条第1項において、「道徳心を培う」ことが記載され、また第2項から第5項の「態度を養うこと」が共通して記載されていることから、これらについては生き方や生きる姿勢について述べられていると考えられる。
    上記の内容は、道徳教育が掲げている内容と多くが一致しているものであり、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。