S0833 知的障害児の生理・病理 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数587
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.知的障害と発達障害の定義とその教育的対応における同異について述べよ。
    2.知的障害児の原因とその症状について述べよ。
    3.知的障害児の教育と医療の接点について述べよ。
    4.発達障害の種類・定義・特徴およびその教育的対応のあり方について述べよ。
    5.ノーマライゼーションの視点から知的障害における教育的かかわりについて述べよ。
    6.脳の機能局在の視点から知的障害の病理と症状について述べよ。
    参考文献
    「エピソードでみる障碍の理解と支援」 菅原伸康 著
    「発達障害児の心と行動〔改訂〕」 太田昌孝 著
    1.知的障害と発達障害の定義とその教育的対応における同異について述べよ。
    アメリカ精神遅滞協会によると、「知的障害は、適応行動と知的機能の両方の何らかの原因から生じる制約から特徴付けられる能力障害であり、この能力障害は、多くが18歳までに生じる」と述べられている。しかし日本においては、この知的障害についての定義がはっきりしていないという課題もある。
    発達障害者支援法によると発達障害は、「アスペルガー症候群や自閉症等の広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、その他これに属する脳機能の障害である。ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。