S0613 社会科概論 科目最終試験6題セット(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,335
ダウンロード数207
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年6月8日更新

    試験直前でも覚えられる情報量でまとめています。
    (試験用紙の8割程度の量になります)

    合格済みで、要点を得ていれば5割程度の記述量でも受かります。

    また、難しい言い回しも少し噛み砕いた表現にしているので、
    頭に入ってきやすいと思います。

    試験勉強の参考にして下さい。

    ■その他科目についても分かりやすいようまとめていますので、ご参考ください。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/946535522255@hc13/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「理論①社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断させれば、市民的資質が育つ。」を説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連について考察しなさい。
    2.「理論④単元の学習内容が、構造化された知識として提示されれば学習内容の定着性・応用度が高まる。」を説明しなさい。
    3.「理論⑩事象の分析結果、法則性、未来予測を踏まえれば、合理的意思決定ができる。」を説明しなさい。
    4.「理論⑮社会を認識している自己の位置を相対化できれば、認識内容の科学化が図れる。」を説明しなさい。
    5.「理論⑯「知る」「わかる」を区別した授業設計ができれば、社会的見方の育成が可能になる。」
    6.「理論22、子どもが持っている情報と結びつけながら探求させれば、納得的にわからせることができる。」を説明しなさい。
    参考文献
     岩田一彦著 『社会科固有の授業理論』 明治図書 2011年
    「理論①社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断させれば、市民的資質が育つ。」を説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連について考察しなさい。
    ○認識内容の保障
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。