商学総論(分冊Ⅱ) 合格リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数509
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    報告課題集における、分冊2(ショッピング・センターについて述べなさい)についての合格リポートです。 私の文章でまとめたものですので、あくまで参考程度のご使用でお願いします。丸写しをして不合格となったとしても、こちらは責任を負いかねます。

    参考資料:『商学通論』「久保村隆祐」【同文舘出版】(1987.12)
        『基礎からの商業と流通』「石川和男」【中央経済社】(2004.10)

    返却時講評:
    全体を通してよくまとめられていると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学総論Ⅱ
    課題:ショッピング・センターについて述べなさい。
    本文:
     商業形態において、私たちの日常生活と最も深い関係を持っているのは「小売業」である。これは、流通業の中で、日常生活用品を生産者や卸売業から仕入れ、最終消費者に販売するものを言うため、私たちは日常生活に必要な商品のほとんどはこの「小売業」から入手して日常生活を営んでいる。「小売業」の本質は、最終消費者に消費財を直接販売するための行為であると言えよう。即ち、その性質は、販売の性格に求めることができ、販売先の相手方、最終消費を目的とする消費者に対して、商品およびこれに付随するサービスを直接販売することを主たる業務とするものである。その業種あるいは形態は、消費者の購買行動の制約下あるいは行動半径の制約などにより、多種多様となる傾向を持っている。ここから論じるのは、そういった小売店舗を一定の地域に集中させた、小売業の新しい集団形態である「ショッピング・センター」についてである。
     1920年の終わりごろ、アメリカ合衆国のミズリー州に建設されたカントリークラブ・プラザが「ショッピング・センター」の最初であると言われており、第二次..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。