商学総論(分冊Ⅰ) 合格リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数627
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    報告課題集における、分冊1(流通の取引対象について述べなさい)についての合格リポートです。 私の文章でまとめたものですので、あくまで参考程度のご使用でお願いします。丸写しをして不合格となったとしても、こちらは責任を負いかねます。

    参考資料:『商学通論』「久保村隆祐」【同文舘出版】(1987.12)
        『基礎からの商業と流通』「石川和男」【中央経済社】(2004.10)

    返却時講評:大変よくまとめられたレポートだと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学総論Ⅰ
    課題:流通の取引対象について
     商学において、商品の移転現象、即ち「流通」は社会科学の範疇に属することから歴史的なものであり、商品を中心客体として生産消費間の経済的隔離を人格的に統一整合することにより存在する。いわゆる物々交換による経済社会の成り立ちである。自給自足経済における営みは生産技術・文化の未発達も増して、生産量も品質も劣悪なものだった。そのため、自らの生産活動によって得られる需要は微小で、常に商品の不足に不満を感じさせられていた。そこで、自己では生産出来ない商品を他の個別経済単位、すなわち他の人間が自給自足によって生み出した生産物に目を向け、自らの生産物を、他の人間の生産物と交換し、満足度を埋めようと行動する。自給自足経済にあった過渡的経済時代を市場経済に発展させるきっかけとなった事例である。こうして、商品(ここで言う、生産物)が人から人へと流れる市場が発生、即ち「流通」が発生するのである。これは物々交換が主流であった時代から価値尺度機能を持ち合わせる貨幣が登場し、跋扈する現代においても、不変の事象であると言えよう。
     そして、繰り返しになるが、「流通」における客..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。