Z1001日本国憲法 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度 Z1001日本国憲法のA判定を頂いたリポートです。
    リポート設題:法の下の平等について
    一字一句変えずに提出するのは非常に危険ですのであくまで参考程度にして頂くようお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『法の下の平等について』
    第1章 はじめに
     我々国民は、国法によって義務付けられ、それに服従する地位に立つ。その国法のうちで、国家の統治の基本的体制または根本の秩序を定める法規範を全体として憲法という。日本には「日本国憲法」が存在し、それに基づき裁かれ、それと同時に守られている。
     日本国憲法の三大基本原理として、平和主義・基本的人権の尊重・国民主権が挙げられる。そしてこれらの根底にあるのは、「個人の尊厳」という近代社会の原理である。個人が尊重される前提として個人をとりまく環境、すなわち国家や社会が平和に保たれていなければならないことから、平和主義が求められる。さらに、すべての国民が個人として尊重されるからこそ、その基本的人権は尊重されなければならず、そしてそのためには、個人の意見を政治に反映するべきであるから国民主権が求められるのである。
     日本国憲法十三条では、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」として、個人主義が国政の基本原理であることを宣明している。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。