【2014年度最新】佛教大学 S0613 社会科概論 A評価 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,109
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0613 社会科概論のレポートです。
    A評価をいただきました。
    [設題]
    『本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。』

    [所見]
    リポート添削、評価の基準及び留意点」に基づいて的確に論述されてました。

    レポート作成の際に、ぜひ参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。』
    平成20年3月に新しい学習指導要領が告示された。この改訂では、改正された教育基本法や学校教育法等の理念を踏まえ、子どもの発達上の課題や社会の変化に対応して改訂された。このような現状を踏まえ、これからの社会科授業のあり方について述べていく。
    初めに、社会科授業の基本構造について、以下の3つの要素にについて述べる。
     ①「構造的知識の学習」について述べる。社会科の内容は社会諸科学の蓄積してきた研究成果から構成されるが、単元の学習内容が構造化された知識として提示されれば、学習内容の定着性・応用度が高まる。単元の全体構造と学習領域、学習内容が構造的に示されることにより、なぜ学ぶ価値があるのかについて説明できるようになり、無暗な暗記を強いる必要がなくなる。生徒にとって、より理解度の高い授業となる。また、単元の知識の構造をより説明可能にするために、知識分類をす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。