内科 高脂血症患者の標準看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,547
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    標準看護計画

    代表キーワード

    標準看護計画

    資料紹介

    内科 高脂血症患者の標準看護計画です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高脂血症患者の標準看護計画
    高脂血症とは
     リポ蛋白の産生亢進や処理障害により血清コレステロール(220mg/dl以上)および中性脂肪(150mg/dl以上)が上昇した状態である。高脂血症は自覚症状が少ないが、発症すると動脈硬化を引き起こし、虚血性心疾患誘発する危険性が高い。コレステロールには善玉と悪玉があり、善玉はHDLというリポ蛋白にのっているコレステロールである。HDLは、細胞や動脈壁から余分なコレステロールを運びだして肝臓に戻す役目をし、動脈硬化を予防しているといわれている。一方、悪玉はLDLにのっているコレステロールであり、血管壁にしみこんで動脈硬化の原因になる。病因は、先天的・遺伝的に発生する原発性高脂血症(家族性高脂血症)、食事や他の脂質代謝異常をきたす基礎疾患が原因として起こる続発性高脂血症とにわけられる。
    アセスメントの視点
     高脂血症は動脈硬化の最大の促進因子である。しかし、高脂血症そのものだけでは、自覚症状もほとんどないため、患者自身がきちんと理解していないと治療は放置され、虚血性心疾患など重篤な合併症を引き起こす可能性がある。高脂血症の治療は自己管理の確立が必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。