福士マイスターさん累積訪問者(1,925名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:36件

  • ソーシャルワーク実践における枠組みの拡大と不易流行
  • 不易流行とは、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも新しく変化を重ねているものをも取り入れていくことであり、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であるとされる。統合する前のソーシャルワーク実践においても、同様のことがいえるのではと考察す..
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(333)
  • 社会保障制度の現状と課題について考える
  • ー高齢者福祉の新たな価値観に向けてー 少子高齢化が一層進行する中において、社会保障制度を安定的なものとして継続していくためには、高齢者や障害者、女性、若者の就業促進と、制度の担い手を拡大していくことが重要であると思われる。特に高年齢者の就業機会の確保について
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(574)
  • 更生保護制度の現状と今後の課題についての考察
  • 犯罪は社会にとって、決して許されるものではない。しかし、犯罪を犯した者も一人の人間として、その人なりにどう生きるのか。改めて更生保護制度の在り方について理解を深化させ、興味本位のレベルに留まらず知的欲求を満たしていけるよう以下に述べていきたい。 (2,055
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(480)
  • 「施設」を必要とするソーシャルニーズについての考察
  • ―1970年代からみつ施設の社会化に向けて― 「施設の社会化」に関しては1970 年代に議論がはじまり、それは福祉施設の閉鎖的運営といった潮流に対する警鐘であるものと理解している。特に、福祉施設における閉鎖的な運営が強く現れていたのは、所謂「入所型福祉施設」
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(246)
  • 公的年金制度の限界と年金一元化の功罪にかかる考察
  • ー公平性と安定性によって格差は是正されるかー 1階部分である基礎年金の現状を改めて整理していく。また年金一元化(2階部分と3階部分にあたる厚生年金と共済年金の一元化が2015年10月に控えている)について、再度理解に努めたい。 (4,196字)
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(235)
  • 受動的なサービス利用から能動的な取り組みへの転換
  • ー高齢者福祉の新たな価値観に向けてー 高齢者とは一般的に65歳以上の人々のことを指し、そのなかでも74歳以下を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者に分けている。今日の我が国は、平成24年簡易生命表の平均寿命によると、男性の平均寿命は79.94歳、女性の平均寿命
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(266)
  • アスペルガー症候群と介護殺人との関連についての考察
  • アスペルガー症候群や自閉症、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害については、05年4月施行の発達障害者支援法に基づき自治体などが支援に取り組んでいる。しかしながら発達障害は本人自身や家族も気付きにくく、引きこもることで社会との関わりが
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(272)
  • 基礎年金と年金一元化に関する考え方の整理
  • 現行の公的年金制度の基盤は、高度経済成長期において、人口増加やそれに伴う経済拡大を前提条件として作られたものである。そのため、現在急速に進展しつつある少子高齢化は、社会保障制度自体の維持、とりわけ公的年金制度の継続に深刻な影響を及ぼすものと危惧されている。それ..
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(218)
  • 「その人らしい生活を確保する」ことの今日的な福祉施設の課題
  • ー歴史的な変遷から施設ケアの在り方を考えるー 社会福祉施設の意義を広義に解釈した場合、「社会福祉事業を実施するにあたっての『物理的・人的・機能的な集合体』としての営造物」と考える。この定義を確認するにあたり、社会福祉事業の概念を明らかにする必要がある。 (
  • 540 販売中 2018/02/08
  • 閲覧(205)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?