うつ病性障害の看護について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数995
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    うつ病性障害の患者の看護で優先度の高いものについて

    ・うつ病(単極性うつ病)の特徴
    ・主な看護上の問題
    ・看護上の問題のうち優先度の高いものについて記述

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「うつ病性障害(単極性うつ病)の患者の看護で優先度の高いもの」


     うつ病性障害とは,過度のストレスから,憂鬱,意欲低下,集中力低下,不眠,動悸・めまい,食欲不振などの症状があらわれ,日常生活に支障をきたす状態が2週間以上続く状態である.脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの働きが低下し,情報伝達がうまく行われなくなるためと考えられているが,要因としては,几帳面,まじめ,仕事熱心,責任感が強い,秩序を重んじるといった性格傾向の人が起こしやすく,そこに,転居,喪失体験,失業などといった環境変化が加わることで発症するといわれている.

     精神症状としては,気分の落ち込み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。