印象形成

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数437
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2010/07/19
    実験心理学演習
    印象形成
    07PP037
    岩村 康広
    問題
     心理学では、表情の知覚、視線の知覚、対人印象の形成、人間関係の知覚など、他の人間をどう知覚し、認知するかという問題が古くから探求されている。ここではAschが行った印象形成実験を追試することする。
     Aschの一連の研究には、初期の印象が当該人物の全体印象に強い影響を及ぼすとする初頭効果や、強いインパクトを残す性格特性とそうでない性格特性の存在の指摘などが有名である。強いインパクトを残す性格特性を中心特性ともいい、人間が少ない情報しかなくても相手をまとまりのある人物像にしたがるという特徴に焦点をあてたものである。
    Aschはこのような印象形成の特性を巧妙な方法で組織的に研究した。彼はある2つの刺激語リストからイメージされる人物の印象を、多くの評価カテゴリーにより評定させた。そのリストの1つは、「知的な-器用な-勤勉な-暖かい-決然とした-実際的な-慎重な」というものであり、もうひとつは先に記したリストの「暖かい」の部分を「冷たい」に変えたものである。この結果先にあげたほうは寛大・賢明・人のよい・ユーモア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。