メモリースパン 問題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数839
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2008/11/5 
    Memory Span
    07pp037 Yasuhiro Iwamura
    ■問題
     人間にとって、他の人間の存在が持つ意味は極めて大きい。心理学においては、他の人間をどう知覚、認知するかという問題が古くから探究されている。ここでは、Aschが行った印象形成実験を追試する。
     我々は初対面の人に短時間接しただけでも、その人物に対する印象を形成する。それが+のものになるか、-のものになるかは、それ以後のその人物との対人関係に大きな影響を与えるだろう。直接手にしたデータはわずかなものでも、我々はそこからまとまりのある人物像を作り上げてしまう。Aschは、このような印象形成の特性を巧妙な方法で組織的に研究した。彼は以下の2つの刺激リストを用いて、このリストからイメージされる人物の印象を、多くの評価カテゴリーにより評定させた。
    知的なー器用なー勤勉なー暖かいー決然としたー実際的なー慎重な
    知的なー器用なー勤勉なー冷たいー決然としたー実際的なー慎重な
    2つの刺激リストは、「暖かい」と「冷たい」という言葉以外は同一であるが、リストAに対する印象は、寛大、賢明、人のよい、ユーモ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。