ミュラー・リヤーの錯視図 (修復済み)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数1,692
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2010/05/26
    実験心理学
    ミュラー・リヤーの錯視
    07PP037
    岩村 康広
    問題
     錯視とは、視覚において起こる錯覚のことである。錯覚とは知覚と外界の物理的・幾何学的特性とのズレのことである。錯視の研究は1885年にオッペル(Oppel,J,J.)が、同じ大きさの空間でも、何もない空間よりも様々な物体で分割された空間の方が広く見える、と述べた分割距離錯視に始まる。
     錯視の中でも、図形の線分の長さや角度といった幾何学的関係によって生じるものを、幾何学的錯視という。この研究は1890年代に最も盛んに行われた。多くの幾何学的錯視の中でも有名な例をあげるとミュラー・リヤーの錯視(図1)がある。
     
     
                 a  b
                図1  ミュラー・リヤーの錯視図
     ミュラー・リヤーの錯視は線分の長さに関する幾何学的錯視である。具体的には、客観的・主観的に等しい長さの線分の両端に鋏辺を付け加えると、等しい長さの線分が長さの異なる線分として知覚されるという錯視のことである。このとき、鋏辺の角度(鋏角)が鈍角の場合(外向)には過大視がおこり、鋭角の場合(内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。