SD法2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数506
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2008/05/30
    実験心理学
    SD法による都市イメージの測定
    目的
     都市の持つイメージをSemantic differential method(SD法)により測定する。
    方法
     測定対象:対象は東京、大阪、京都、神戸、名古屋の5つの都市である。これらは評定用紙に文字で示し、その提示順序は被験者毎にランダム化されていた。
     尺度:使用尺度は、表1に示す12尺度である。これらは、評価、力量、活動の各因子ごとに、都市のイメージを測定するのに適当と考えられる尺度を任意に選択したものである。各尺度の因子内容と左右での正負が適度に散らばるように提示順序を調整した上で、調査票を作成した。尺度の使用順序はこの1種類である。評定者には7段階の評定が求められた。
                   
    表1  使用尺度
    Evaluation(評価)
    Potency(力量)
    Activity(活動)
    良い-悪い
    強い-弱い
    あたたかい-つめたい
    楽しい-つまらない
    かたい-やわらかい
    軽い-重い
    澄んだ-濁った
    深い-浅い
    派手な-地味な
    新鮮な-腐った
    緊張した-ゆるんだ
    大胆な-繊細な
    被験者:追手門学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。