S8101_教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数401
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「ソクラテスの教育観に注意して、彼の教育学的意義について述べよ」

    A判定をいただきました。レポート作成の参考によろしければどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソクラテスの教育観に注意して、彼の教育学的意義について述べよ
    ソクラテスは、前469年頃、ギリシアの都市国家の1つのアテナイで生を受け、若いころは自然研究に没頭。3度にわたり、アテナイとスパルタ間のヘロポネソス戦争に参戦。従軍中は裸足で活動・殿軍を受け持つなど、人一倍の勇気と忍耐力をもっていたと伝えられる。その後、40歳頃から自然研究をやめ、人間の探求へと身を傾ける。アテナイの街頭や体育場などで相手を捕まえては道徳や倫理の問題について討論を行った。50歳で結婚し、その後も街頭などで若者に対して当時の政治や思想を批判する啓蒙活動を行い、プラトンなどの若者が次第に集まった。その結果、前399年に堕落罪・不敬罪によって告訴された。法廷での彼の態度によって、裁判官の印象を害し、その結果死刑となる。執行まで1カ月という時間はあったが、法に背いて亡命し命を長らえるより、法に従って刑死することを選んだといえる。
     ここで、ソクラテスの考える人間形成の哲学について述べる。
    ソクラテスは、その当時アテナイの町で活躍していたソフィストを批判した。ソフィストとは代表的な人物として、プロタゴラス・ゴルギアスら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。