2013 教育の制度と経営② 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信2013年度2単位目合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1) 学級経営は、学校経営の基本的方針のもとに、教師が学級を単位として、一定の教育理念に基づいて展開する、組織的で計画的な実践の総体を指している。広義には学級における教師の活動を経営活動と教育活動に分けず、学級を単位とする教育活動や学級担任としての職務のすべてを学級経営とみる立場があり、いわゆる「学級づくり」として表現される。今回は、学級経営の主な内容の1つであるトラブル処理について考えたい。
    実際、社会の変化に伴い、学級担任1人では解決困難な問題も増加しており、学級担任間のチームワークが問われている。学級担任の個人的な努力だけでは容易に処理しきれない課題も少なくない。そのため、専門職としてのチームワークが欠かせない。そして、学級担任間の協力のあり方をより洗練していくことが求められる。また、公立小学校での校内暴力の件数は増え続けており、特に対教師暴力の増加が目立つ。そして、文科省は、学もともと希薄であった小学校側の危機意識と、級担任制で担任1人に任せきりになるため問題が放置されやすいとの分析をしている。
    暴力的に走りがちな子どもについて、ストレスや不満をため込んでいること、ストレスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。