日本国憲法 第2課題 第1設題 評価S

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数113
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2課題、第1設題
    評価:S
    提出:2012/12/06

    参考文献
    ・日本国憲法/斎藤静敬
                 (聖徳大学通信教育部)12.02.01
         [引用:P.63]
    ・憲法要説/斎藤静敬
                 (成文堂)11.03.20
         [引用:P.1.120.122.167]
    ・日本国憲法が驚くほどよくわかる本/西修
                 (ワニブックス)02.12.25
    ・生徒が議論した日本国憲法/斉藤規
                 (ポプラ社)96.05

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    日本国憲法は、前文と本文が十一章、一〇三ヵ条で構成されているもので、「国家の根本原則すなわち国家の統治組織および統治作用に関する基本的なあり方などについて定めている」のだ。
    その中に、司法権というものがある。司法権とは、「具体的な訴訟について、法を適用して、これを解決する国家作用」のことである。また、立法権、行政権を含む三権分立の一つである。明治憲法では、司法権は天皇にあったが、日本国憲法では、「最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する(第七六条)」と規定されている。
    また、明治憲法では、軍隊での犯罪は軍法会議、行政への申し立ては行政裁判所、のような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。