保育原理Ⅰ 第1課題 第1設題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第1課題、第1設題
    評価:A
    提出:2012/12/04

    参考文献
    ・保育原理Ⅰ/小玉武俊
                 (聖徳大学通信教育部)12.02.01
    ・21世紀の保育原理/小川博久
                 (同文書院)08.04.01
          [引用:P.21]
    ・幼稚園教育要領解説/文部科学省
                  (フレーベル館)12.04.13
    ・保育所保育指針解説書/厚生労働省
                   (フレーベル館)12.04.05

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    人類を含む、地球上の生物は、種を存続させるために子どもを育て、次の世代へ命をつないでいる。種により多少は異なるが、誕生してから絶えず行われてきたものが、子育てである。その子育てに焦点を当て、動物と人間の子育ての進化過程について述べたいと思う。
     始めに動物の子育てをみていく。動物は、一般的に、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類に分類される。
     魚類は、体内で交尾はせず、水中で精子と卵子が結合する。よって、水の流れなどの条件がそろわないことには、受精しないのである。その上、卵が出来たからといって、安心は出来ないのだ。なぜなら、水中にすむ他の生物に食べられてしまう危険性があるか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。