社会的養護 第2課題第1設題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数40
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2課題、第1設題
    評価:A
    提出:2012/10/23

    参考文献
    ・現代児童養護の理論と実践/鈴木政次郎
                 (川島書店)10.03.30
          [引用:P.65]
    ・保育士のための養護原理/小野澤昇、石井功一
                  (大学図書出版)12.01.20

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    児童養護とは、子どもたちを養い、保護することである。この児童養護は大きく2つに分けることが出来る。それは、家庭で行われる家庭養護、家庭以外の場で行う社会養護(社会的養護)である。ここでは社会的養護について詳しく述べていく。
    社会的養護は、親のもとで成長出来ない児童を、親や血縁関係でない養子や里親などの環境の中で養護する家庭的養護、児童福祉施設などで養護する施設養護がある。
    児童福祉施設には、児童に適切な援助をするため、入所するものと、定期的に通って様子を見ていく2種類がある。入所する施設は、家庭養護のような機能を持つ。通う施設にはそのような機能はないが、特定のことの分野に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。