子どもの保健Ⅰ 第3課題 第1設題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第3課題、第1設題
    評価:A
    提出:2016/04/07

    参考文献
    ・わかりやすい子どもの保健/松浦信夫
             (文化書房博文社)12.04.10
    ・子どもの保健演習セミナー/野原八千代
              (建帛社)12.03.15
         [引用:P.125.126]
    ・児童学の保健学的基礎Ⅰ/聖徳大学通信教育部
               (聖徳大学通信教育部)12.02.01
    ・乳児保育/加藤敏子(萌文書林)11.10.05

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設題
     子どもの免疫は、発達過程でまだ未熟であるため、感染症にかかりやすい。また、大人では軽度に済むものでも重症化しやすいのだ。その上、集団の中で生活をしている子どもは、感染症がうつりやすい環境にいる。そのような環境の中で出来るだけ感染しないための予防策を考えていく。
     始めに、感染症の発生について述べる。感染症のウイルスである感染源が、空気感染や飛沫感染、接触感染などの感染経路を介して、感染先である人間に達する。だが、感染しても発症しないこともある。発症するかどうかは、かかる人間の免疫や、ウイルスの強さによって変わってくるのだ。これらの、感染源、経路、感染する側のどれが欠けても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。