教育学入門 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数221
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「教育」を表す言葉(漢語・邦語・英語)の語源のうち最も興味をもったものを一つ選び、それと関連させて、あなたの教育観を述べなさい。
    『教育学への誘い』(第1編・第1章p.4-5参照)漢字における「教育」の語義のなかで、「教育という漢字は生まれた子どもを育て、その子どもが学ぶべきことを教えることを意味していること」とあるが、この文章に本来の「教育」の目的や意味が含まれるすばらしい言葉だと感銘を受けた。
    広義の「教育」とは、親にも教育者にも地域社会にも子どもを育てるという言う意味での「教育」が存在し、それこそが一番大事であると個人的に感じているため、漢語の意味を改めて考察すると大変興味深く、自分の思う教育観と重なる部分がある。
    以前は「教育」という言葉が意味するものは、学校や教師などの教育機関のみであると思っていたが、テキストを含め参考文献を読む中で、この考えは大きく変わり、一児の母である私の「教育」に対する思いも何かが違っていたかのように思う。
    「教育」=「学校」や「教育」=「教育者・教師」という私の勝手な概念は部分的に間違っていたと感じるのである。
    テキストの漢字における「教育」の語義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。