米文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数363
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
     エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe,1809-1849)とマーク・トウェイン(Mark Twain,1835-1910)は、共に19世紀のアメリカ文学を代表する作家である。
     ポーは、その波乱に満ちた短い生涯の中で、数多くの編集業をこなす傍ら、短編小説、詩、評論の3分野で多大なる業績を残した。
    ポーは、旅役者を両親にボストンに生まれるが、父親は失踪1811年に興行先のリッチモンドで母親が亡くなると、当時の煙草輸出商、ジョン・アランの養子となる。1815年アラン夫妻と5年間イギリスに暮らした後アメリカに帰り、この頃より詩作の試みを始める。1826年、ヴァージニア大学に入学するも賭博に手を出し酒に溺れ多額の負債を作り養父とも不仲になる中、ボストンへ向かう。この頃既に『タマレーンその他』(1827)、『アル・アーラーフ,タマレーンほか小詩編』(1829)を出版していた。『タマレーンその他』は、年老いて死の床にある西アジアの征服王タマレーンが、野望を遂げながらも成就できなかった恋の夢を見知らぬ僧に語る形式の物語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。